自動車の盗難セキュリティ対策・TOPへ > イモビライザーについて
イモビライザーについて

昨今の自動車は「イモビライザー装置装着車」がほとんどです。

イモビライザーとは、電子式移動ロック装置ともいいかえることができます。盗難防止装置の一つで、キーの電子化されたID暗号と車本体につけられたシステムとの照合ができないとエンジンが始動できない仕組みになっています。

おもに、キーレスエントリーシステムと一体型になっているものが多く、ロックをかけた時と同じ状態で解錠しない場合、警告音を出すなど、車の異常を知らせるシステムも付加されている車が多いようです。

このイモビライザーの電子暗号ロックですが、コンピューターの暗号化システムを用いているために、複製は不可能といわれています。複製した鍵ではエンジンを始動することはできないのです。

できるだけ、イモビライザー搭載車両を購入するようにお勧めします。

このイモビライザーが搭載されているか否かで、任意自動車保険の車両保険料が数%優遇される場合があります。少しでもお得に自動車保険に加入したい場合は、ぜひ車検証にイモビライザーが装着されていることを確認しておく必要があるでしょう。

イモビライザー搭載のキーはなくさないようにしてください。先述のとおり、キーは複製できません。そのためにキーを紛失してしまった場合、車両側のイモビライザー装置までも交換しなくてはならなくなり、鍵以上の出費が予想されます。

またイモビライザー搭載車でも盗難に遭ってしまうことがあるので、施錠後は必ず、イモビライザーが稼働しているかワーニングランプを確認するようにしましょう。

自動車のセキュリティ対策ガイドで人気の記事 BEST3
関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 愛車の盗難を防止!自動車のセキュリティ対策. All rights reserved