自動車の盗難セキュリティ対策・TOPへ > 盗まれやすい車種はあるのか?
盗まれやすい車種はあるのか?

盗まれやすい車種というのは必ずあります。

最近では税関等の審査が厳しくなっているので密輸などの犯罪も少なくなりましたが、海外をまたにかけた窃盗団等がまだ横行しているために、書類を偽造したり、車体番号を偽造するなどの手口で、厳しい審査をすり抜けて正攻法として海外へ輸出されていくケースもあります。

このように「海外で需要が高い」自動車は中古車でも高く売買されるために国内での盗難につながるケースもあるのです。現在盗まれやすいといわれている車種は「ハイエース」という商用車にもファミリーカーにも使われているワンボックスワゴンです。

以前までは、RV車としては最高級車であり、どんな地域でも力強い走行性能を誇るといわれているランドクルーザーなども標的とされていました。現在でもランクルの盗難度合いは高いとされていますが、汎用的に利用できるハイエースの方が狙われる確率が高いといえます。

この他にも、同様な形をしているタウンエース・パジェロなどもターゲットにされているようです。

またマークツー・カローラ・クラウンなど海外でも大衆車として人気の車種に関しては部品のみを盗まれたりもしているようです。

この他にも、車両本体の盗難ではなく、スポーティー仕様車・エアロ仕様車などに取り付けられている前後バンパー・スカート・フロントグリル・ルーフスポイラーなどの後付けできるパーツのみ盗難されやすい車もありますので、保管場所等に特に注意が必要になるでしょう。

自動車のセキュリティ対策ガイドで人気の記事 BEST3
関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 愛車の盗難を防止!自動車のセキュリティ対策. All rights reserved