車上荒らしについて

車上荒らしが横行しています。警備員の常駐の有無にかかわらず有料駐車場や青空駐車場、スキを突いて自宅のカーポート内でも知らぬ間に車上荒らしの被害に遭ってしまいます。このために車上荒らしに遭わないための対策が重要になってしまいます。

一番大切なことは、忘れずに鍵をかけること。イモビライザー搭載のキーレスエントリー車に関しては鍵がかかったか心配になることもありますので、必ずセキュリティロックがかかった旨のワーニングランプを確認してから車を離れるようにしましょう。

また、ターゲットとされないためには車内にCDやカバンなど狙われやすいものを置かないようにすることが大切です。車内に何もない状態であれば、たいては車上荒らしに遭うことはありません。また、犯人にプレッシャーを与えるための防犯装置も市販されています。

一般的なのは、イモビライザーで施錠時と違う方法でドアが開けられた場合には警告音と大音量のクラクションが鳴り響きます。自動車に一定距離近づいた際にセンサーが感知して警告音がなる威嚇のための警報装置なども市販されていますので、治安が心配な地域に車を駐車される方はあらかじめとりつけておかれることをお勧めします。

セキュリティ装置にお金をかけられない方に関しては、「警報装置取り付け車」などといったダミーのシールステッカーを車に貼ったり、赤色LEDが光るだけのダミーの警告ステッカーを車内に貼るだけでも効果はあるようです。

自動車のセキュリティ対策ガイドで人気の記事 BEST3
関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 愛車の盗難を防止!自動車のセキュリティ対策. All rights reserved