車の防犯の必要性

今や、家に鍵をしっかりかけていても空き巣に入られてしまう殺伐とした時代になってしまいました。自家用車も例外ではなく、様々な手法で盗難に遭ってしまうことがあります。

犯人の目的は、自家用車そのものではなく、自家用車の中のCDやETCカード、カーナビなど中古品売買で金品に代えられる、またはカードを悪用して搾取できるもののほか、自家用車に取り付けられたカスタマイズパーツなどにあることが多いようです。

新車や高級車であるほど、新しいカスタマイズパーツや新機能搭載または上位機種のカーナビなどが取り付けられている可能性が高いので、狙われる確率が高くなってしまいます。

海外では、特定の日本車の流通が高いために、国内において特定の車種だけ盗難被害に遭いそのままブラックマーケットを通じて海外へ密輸されてしまうこともあるようです。

この数年新車種として発表されたり、マイナーチェンジされた自動車に関しては、キーレスエントリーやイモビライザー、認証システムなどといった盗難そのものに関するセキュリティー装備が充実されていますが、そのスキ・ぜい弱性をついて盗難の被害に遭うこともあり、まさにいたちごっこです。

自家用車の防犯対策は、自動車に標準装備されていたり、オプションで追加した装備の他に、自己で対策することも必要な時代になっています。車の防犯の必要性を十分理解し、大事な愛車を盗難の被害から守っていきましょう。

自動車のセキュリティ対策ガイドで人気の記事 BEST3
関連エントリーの一覧です。
Copyright (C) 愛車の盗難を防止!自動車のセキュリティ対策. All rights reserved